期待のNEW BRAND"senelier"

三連休最終日。
さすがに今日は天気も悪く、店頭はゆっくりとしています。
なので今日は今期からDAKOTAに仲間入りした新ブランド"senelier"を張り切って紹介したいと思います!!!!!
ファーストデリバリーはブランドの代表作でもあるオーバーオールから!!!!

Brand:senelier
Model:H.R gimmick overalls
Size:1,2
Price:29,000yen(without tax)

セネリエは絵描きを中心としたアーティスト、職人、作業者にフォーカスし、作業着を前提とした商品開発を行うワークウエアメーカーです。
継続して展開するラインナップを軸に、新たに商品開発しリリースしていきます。
絵を描く傍ら、インテリアデザインを中心とした内装(空間)を作品とするアーティスト(59 rivoli SQUATER)にフォーカスし創られたシリーズ。

一見シンプルなデザインですが、実は前当て内側にインサイドポケットを配置。
c0167336_1755506.jpg
ゴミなどの処理に対応するため表側は右サイドの取り外し式ポケットのみ。

c0167336_17555014.jpg
膝当てを入れることで強度は増し、さらにアクションプリーツを取ることで動きやすくなっています。
c0167336_17555036.jpg
さらに裾にはベルクロアジャスターを施した多種多様に使用できる1点
c0167336_17555067.jpg
このオーバーオールの最大の特徴は胸当てをエプロンにしたパンツスタイルも楽しめる2way仕様。

c0167336_1755505.jpg
この肩紐を外し、ベルトとして使用することで、
c0167336_17555095.jpg
完全なエプロン付きのパンツへとトランスホームします。
シチュエーションに合わせて変形させれるのは魅力ですね。
素材はcotton100%の”1991Levi’sチノ”。きめの細かい綾織でタフに使える生地でありながら品のある風合いが特徴。
c0167336_17555044.jpg
<<DARK GRAY>>
画像からも伝わる強度のありそうな素材。
着込むほどに風合いが増していくのが楽しみな一品。

c0167336_17555061.jpg
通常のオーバーオールとは一線を貸す仕上がりは、ブランドのコンセプトでもあるように一人のアーティストにフォーカスし、そのアーティストの為だけに作ったオーダーメイドのアイテムだからこそのデザイン。
c0167336_17555118.jpg
このインサイドポケットのデザインには痺れました。
c0167336_17555144.jpg
ついつい手を入れたくなる抜群の配置。
c0167336_17555180.jpg
取り外し式のポケットは後ろまでグルッと回って付きます。
c0167336_17555189.jpg
こんな感じでエプロンパンツとしての着用もカッコいい。
c0167336_17555114.jpg

c0167336_17555188.jpg
サコッシュぐらいのサイズはあるのでカバン要らずですね。
c0167336_17555133.jpg
<<KHAKI BROWN>>
名前の通り、カーキともブラウンとも言えない絶妙なカラー。
ナスングワムのシティーライナージャケットとも愛称抜群です!!!!

c0167336_17555160.jpg
通常オーバーオールに備えられている胸ポケットや腰ポケットが無い、ソリッドなデザインが清くカッコいい。
c0167336_17555244.jpg
垂れ下がる腰ベルトも雰囲気抜群!!!!
c0167336_17555255.jpg
本格的なワークウェアは男ならグッとくるはず。

c0167336_17555219.jpg
取り外せるポケットは日常生活でも意外と便利。

c0167336_17555226.jpg

c0167336_17555253.jpg

c0167336_1755523.jpg

c0167336_17555254.jpg
服にこんな取り扱い説明書が付くのは今まで見たことが無いですね。
c0167336_17555233.jpg

c0167336_17555284.jpg
期待の新ブランド"senelier"。
このタグを覚えといてください!!!!!

c0167336_17555379.jpg
デザイナーS氏とは縁があり知り合い、同じデザイナーとしても考えさせられることも多くいつも勉強になります。
シーズンレスにモノ作りをし、納得がいくモノだけを形にし、残していくスタンスは本来のモノ作りですよね。
一つの作品が出来上がるまでに何度もフォーカスしたアーティストさんや職人さんにインタビューをし、作っていく工程は気の遠くなるような作業。
こんなスタンスのデザイナーさんが長く活躍していくんじゃないでしょうか!?
そう思ってDAKOTAでも展開したいと思ったんですよね~!!!!



by nasngwam2005 | 2018-01-08 17:55 | senelier | Comments(0)


<< 豊中えびす祭。 TONY別注第三弾‼‼サンプル... >>